目の学校 長野校

「発達障害」は程度の幅が広く、子どもから大人までほぼすべての人が持っているとされています。ある一定の程度を超えた場合には「アスペルガー症候群」や「ADHD」などへと発展します。
それらの「発達障害」の原因として、目や脳を的確に使えていないことが原因である場合があります。「目の学校 長野校」では、アメリカではすでに保険適用がなされている手法により、目や脳の効果的な使い方ができるよう指導を行います。

「目の学校」のサイトを開きます。

検査用チェックシートの項目サンプル

以下の項目は実際の検査に用いる尺度や、小学校の先生が児童の気になる点について挙げたものなどから抜粋・作成したものです。
これらはあくまで目安であり、個人の症状などを断定するものではありません。

-項目に当てはまっています。
ひとつでもチェックがついたら、目や脳を効果的に使えていない可能性があります。

メールで相談

このページの先頭へ